Email: 

kazuhiro@alato.ne.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   県議7期28年を振り返って

 思い起こせば7期目の当選を果たした平成27年には岐阜県が目指した「清流長良川の鮎」を世界農業遺産に登録するため、推進協議会の会長として古田知事と共にイタリア・ローマに飛び認定を取得する事に成功。また、この鮎を起爆剤として飛騨牛などと共に世界に販路を広げ、更に日本一の鮎の生産県とする為美濃市の「魚苗センター施設拡充」を図ったり、昨年5月に白鳥長滝に「あゆパーク」開設するなど、以来4年間鮎づくしの公務を推進する事が出来ました。

 勿論、それ以外に地元藍川橋の交通渋滞緩和のため「藍川橋の4車線化事業」について平成29年3月議会で知事から前向きな回答を引き出し、今年度から設計作業が始まる事。また、昨年の9月の議会では茜部から県庁前を通る「国道21号線の立体化計画」について進んでいない国の事業等について言及し、安心・安全なまちづくりのため着実に県民の負託に応える成果を積んでおります。

スローガン

4つのスローガンを掲げて、活動を致しております。これからも続けて頑張って参ります。活動のページをめくってご覧ください。

1 「清流の国ぎふ」を支えるひとづくり *地域・産業を支える人づくり

2 健やかでやすらかな地域づくり *安全なまちづくりを地域に寄り添って!

3 地域にあふれる魅力と活力づくり *活力ある岐阜県づくり

4 光る岐阜・ふるさとづくりをめざします。 *もっとキラキラさせたい。岐阜の明日、あなたの未来

 

 

  • Facebook アプリのアイコン

自然とともにいきいきと生活できる

 

街の環境をつくることが玉田和浩の仕事です。そのためには、皆様の意見をよく聞き、それにもとづいて調査・分析・検討を加え、政策として実行することが要求されます。

成長より発展

 

玉田和浩は、“成長より発展”を政策の基本理念としています。経済的側面を中心にした“成長”ではなく、私たちの生活の質を重視した、“発展”の方が重要であるという考えです。

光る岐阜

 

そのテーマとなっている“光る岐阜”は、光は生命をつくり、科学・芸術を育てる。光は街をつくり、人と自然の輪をひろげる。光はくらしを彩どり、文化・文明をはぐくむ。光は明日の岐阜をつくる。という、玉田和浩の信念です。

  • s-facebook
  • Twitter Metallic
  • s-linkedin

© 2023 by GREG SAINT. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now